謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

浜松市中区、整体How does a Tank work? (M1A2 Abrams)

米軍から見た日本の戦艦➀


【実話】国会議員の特権。 毎月100万円支給される風○用の100万円…使用用途不明の「文書通信交通滞在費」に立法コンサルタントがメス


【ゆっくり解説】空想科学シリーズ28 装甲騎兵ボトムズ アーマードトルーパー解説 レッドショルダー野望のルーツ


【神回】プロによるおバカな合成写真がツッコミどころ満載すぎるwwwwww⑨【フォトショ職人】


なぜアメリカの高速道路は無料?



整体と骨盤矯正


「骨盤矯正」


最近では骨盤矯正というのをネットやテレビなどで見ることが増えました。 骨盤矯正とはどんなものなのかわかっている方達は多くない。 「骨盤矯正」はどんなものなのか解説してみる。 骨盤矯正のことを知り間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその中間にある仙骨、それに仙骨(せんこつ)の先っぽについている尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療は普通「骨盤」の修正はおこないません。 なぜか、一般の整形外科では骨盤は歪まないと思われていて「骨盤」が普段の生活でズレてその歪みが身体の不調の原因になることはないと考えているからなのです。 (だがしかし一部の病院で「骨盤」の治療を独自の方法でしている病院もすくなからずある)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強い力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きくズレた時(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼みたいな状態)、元どおりの状態に戻すように骨盤を治療することがある。 この場合、手術のようなかたちで「骨盤」の治療をされることが多いようです。 また産科では、出産後に骨盤の関節のズレを調整するように骨盤を締め付けて固定するベルトのような装具をすすめる病院が増えてきました。

骨盤はズレるのか?


病院などの一般の医療では、「骨盤」はズレないと言われ、「整体」などの手技療法では「骨盤」はズレると言われていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いがでるのかを説明してみようと思います。 まずは、整体でいう骨盤がズレると言うのは、病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像診断でわかるようなひどいズレは扱うことはありません。

一般の医療では?


外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見ることのできない程度のズレは痛みなどの身体の不調の要因になることはないと考えているのです。 他にも骨盤の可動性は微妙で例外的に出産の時に可動する程度。 中年以降は腸骨と仙骨はくっついてしまう為、骨盤は普通動くことは無いと思われているようです。

整体では?


整体などで行われている骨盤矯正では、普段の治療で骨盤のほんの少しのひずみを治療したのちに患者の痛みが改善されるのを体験しています。 実際骨盤の関節の周りには筋肉、靱帯、神経などがあって少しのひずみでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激します。 レントゲンなどの画像診断でズレが写らない場合でも「骨盤」がひずんでいてそれを修正する必要があると「整体」で考えるのはこのためです。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい


ひずんだ骨盤は、様々な痛みなどを身体に出現させます。 骨盤が歪むと骨盤に乗る脊椎が湾曲します。 背骨が湾曲すると背骨の中を通る血管や神経、肉体を保持する筋肉や靱帯、全身に栄養や酸素を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、全て肉体にとってすごく重要なものでどれか一つが侵されても肉体に障害が起きます。

骨盤が原因の神経圧迫


脊椎がひずむと背骨から出る神経の伝達が障害されます。 内臓機能の障害や運動器官の障害など肉体の様々な部分が神経の情報で操られているのでこれら全ての体の障害に関係してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担


ズレた体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負担がかかってくるため慢性の凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良


体の曲がりによって血管を圧迫してしまうことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

骨盤矯正と整体


民間療法などの整体の「骨盤矯正」ではおおくの場合手によっておこなわれます。 矯正器具や矯正ベッドを使うこともあるようではあるが、一般的には手技でします。 また、ベルトのような「骨盤」を圧迫する器具も使うこともあります。 一般に調整の痛みは無いのが普通のようですが、中には凄く強い力で無理やり修正を行う方法を使う整体師もいる。 普通の骨盤の場合は、骨盤の関節の動きは凄く狭く大きく動くことはない。 この微妙な動きを修正で可動させるので基本的に強い力を使用することはありません。

整体でおこなう骨盤矯正


骨盤の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の範囲でしか「骨盤」の関節は動くことはできないのです。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、ネット、雑誌で見ますが、騙されないように。 骨盤にどれほど力を加えても見た目で分かるほどの変化はしない。 こんな広告をする整体では骨盤の上に乗るなどして強い力を加えて調整します。 凄く大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと思う方達もいると思いますが、見た目で分かるほど動いた場合は「骨盤」の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、筋肉や靱帯を壊してしまいます。 治療前後で変化したと思う人達もいるみたいですが勘違いみたいなもので変ったような感じがしているだけです。 骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が目に見えて違いが分かるほど可動していることはない。 仮に目に見えて違いが分かるほど骨盤が動いたのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、腸骨と仙骨の間の関節の強い痛みが出現しているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?


例外として骨盤が、通常以上に可動することがある。 それは出産時です。 出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩み骨盤が開くように動きやすくなる。 出産時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性は無い。 出産の時でもそんなに大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく可動することはありません。 歯の矯正のように何年か常に力を加え続けるような骨盤ベルトなど使用すれば徐々にですが矯正していく事は可能でよしょうが現実的に無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!


「整体」でする「骨盤矯正」は体形を変化させるようなものではなく体をバランスのとれた健康な状態に整えることが目的なんです。 「骨盤」の腸骨と仙骨の関節が多少のひずみでも痛みなどを発することがあるし、骨盤のわずかな歪みを身体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。 「骨盤」を修正して体をバランスがとれた理想の状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを治します。 もし骨盤が曲がっているとおもうのであれば「骨盤矯正」をしてみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、体の土台です。 「骨盤」が歪めば背骨が傾ていしまいます。 健康な体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」矯正はとっても有効な助けになる。
浜松市、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です