謨エ菴薙→鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

骨盤、浜松市、整体

異邦人 / 久保田早紀


【ゆっくり解説】絶対に殴ってはいけない人体の急所7選 ~人間の雑学~


潮干狩りの裏技教えます。 あまり悪用しないでください。 とれすぎます。


【ゆっくり解説】高校生がどんちゃん騒ぎして遭難してしまった大峰山遭難事故


【ゆっくり解説】悲報!アボカドの恐ろしい真実!衝撃すぎる悲しい実態とは


【漫画】伊集院茂夫の破壊衝動。 ムカついたので…殴りまくる。



整体と骨盤矯正


「骨盤矯正」


近頃「骨盤矯正」というものをネットやテレビなどで見かけることが多くなりました。 骨盤矯正とは、どんなものなのか分かっている方は多くない。 「骨盤矯正」はなんなのか解説してみる。 「骨盤矯正」のことを知り間違いない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正


「骨盤」は一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨の尖端につながる尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療は一般に「骨盤」の調整はしません。 なぜかと言うと、一般の整形外科では骨盤はズレないと思われていて「骨盤」が日常生活でズレてその歪みが体の異常の原因になることはありえないと考えているからなのです。 (しかし一部の病院では骨盤の矯正を独自の方法でしている整形外科も少ないながらもあります)。 例外として、交通事故や高い所から落下した時のように大きな負荷が骨盤にかかり骨盤の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元どおりの状態に戻すように骨盤を調整することがあります。 この場合、外科手術で骨盤の修正をされることが多い。 また産婦人科では、出産後に「骨盤」の関節のズレを調整するように骨盤を絞めて安定させるベルトのような装具を奨める病院が増えてます。

骨盤は歪むのでしょうか?


一般的な医療で骨盤は歪まないとされており「整体」などでは骨盤は歪むと考えていてどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いが出るのかを解説していきます。 まず、「整体」でいうところの骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲンなどの画像診断で見て分かるようなひどい歪みは扱いません。

一般の医療では?


婦人科などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で見て分からない程度の歪みは痛みなどの身体の不調の要因にはならないと考えているのです。 その他にも骨盤の動きは少しで例外的なのは出産時に動く程度。 中年以降は腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうため「骨盤」は通常では可動することは無いと思われているようです。

整体の骨盤矯正は?


整体で行われている骨盤矯正は、日頃から骨盤のわずかな歪みを修正していくことで症状が改善されるのを見ています。 事実「骨盤」の仙腸関節の周辺には筋肉、神経、靱帯などが存在しちょっとの歪みでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激してしまいます。 レントゲンのような写真でひずみが見られない場合でも骨盤がズレていてそのひずみを調整する必要があると整体で考えるのはこのためです。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい


歪んだ「骨盤」は、いろいろな不調を体に出現させます。 骨盤が歪むと骨盤に乗っている背骨が歪みます。 脊椎が湾曲すると脊椎の中を通っている神経や、骨を保靱帯や筋肉、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに負担がかかります。 これらは、全て体にとって凄く重要なものでどれが障害されても体に異常が起きます。

骨盤が原因の身体の異常


脊椎がひずむと脊椎より出ている神経機能が狂います。 内臓の異常や運動器官の障害など身体の様々な部分が神経でコントロールされているので、すべての肉体の障害に関係してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担


歪んだ肉体は、関節の動き、筋肉、靱帯に異常な負担がかかる為、凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良


身体の曲がりによって血管などを圧迫されることで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの要因になる。

整体でおこなう骨盤矯正


手技療法などによる「整体」の「骨盤矯正」では多くの場合手技によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もありますが、一般には手でします。 また、コルセットのような骨盤を固定する器具も用いることもあるみたいです。 ふつう施術の痛みは伴わないのが普通なのですが、その中にはすごく強い力で無理やり矯正を行う方法を用いる整体師もいます。 普通の「骨盤」の場合は、骨盤の関節の動きは非常に狭く大きく可動することは無い。 この少しの動きを治療で可動させるので基本的に大きな力を使用することはない。

整体でおこなう骨盤矯正


「骨盤」の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は動くことはできない。 「骨盤が広がっているから「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをネット、テレビ、雑誌で見ますが、騙されないで。 骨盤にどれだけ力をかけても見た目で分かるほどの変化はしない。 このような宣伝をする整体では、骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて調整します。 すごく強い力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると考える人もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど動いた場合は骨盤の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。 治療前後で変化したと思う方もいるようですが、プラシーボ効果みたいなもので変わったような気になっているだけです。 「骨盤」の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で変化が分かるほど可動していることはありえません。 逆に見た目で違いが分かるほど「骨盤」が動いたのであれば、関節の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、骨盤の関節に強い痛みが発生するはずです。

産後の骨盤矯正


例外的に「骨盤」が普通異常に可動することがあります。 それは出産する時です。 出産時は、ホルモンの作用によって「骨盤」の関節が緩み骨盤が広がるように動きやすくなっていきます。 出産の時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産の時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はない。 出産時でもそんなに大きく広がらない骨盤が外見で分かるほど修正で大きく動くことは無い。 歯の矯正のように何年か常に力を加えるようなコルセットなどを使えば徐々にですが動かしていくことは可能でよしょうが現実的に無理だと思います。

骨盤矯正をしよう!


整体でおこなう「骨盤矯正」は、体形を変えるものでなく体をバランスのとれた理想の状態に戻すことが目的です。 骨盤の腸骨と仙骨の関節がちょっとの歪みでも痛みを発することがあるし、「骨盤」のちょっとの歪みを肉体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。 骨盤を修正して身体をバランスのとれた良い状態に戻すことで健康を保って痛みや凝りを改善します。 もしも骨盤がズレていると思ったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいとおもいます。 骨盤は体の土台です。 骨盤が歪めば背骨が傾ていしまいます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体施術はとても効果的な助けになります。
骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です