鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縺ィ繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

骨盤矯正

シビビーン・ラプソディー


【自然災害の脅威】南海トラフ巨大地震「カウントダウン」


ハマグリを酒に浸けたらありえない寄生虫が出てきた…


木綿のハンカチーフ / 太田裕美


【三国志②】群雄割拠の乱世に突入!劉備・関羽・張飛が初陣


運用歴60年以上を誇るアメリカの戦略爆撃機B-52をゆっくり解説します【ゆっくり解説】



カイロプラクティックの骨盤矯正


「骨盤矯正」


昨今では「骨盤矯正」と言うものをテレビや週刊誌やネットなどで見ることが多くなりました。 「骨盤矯正」とは、なんなのか知っている方達は少数です。 「骨盤矯正」はどんなものなのか説明してみる。 骨盤矯正のことを知って、間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその中間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨の先っぽについている尾骨からなっています。 外科などの病院の治療では一般的に骨盤の修正はおこないません。 なぜか?病院では骨盤は歪まないと考えられていて、骨盤が普段の生活で歪み、そのことが身体の異常の原因になるようなことは無いと考えているからです。 (しかしある一部の整形外科では骨盤の治療を独自の方法で行っている病院もわずかですがあります)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強烈な力が骨盤に加わり骨盤の関節が大きくズレた場合(「骨盤」の関節の脱臼、捻挫みたいなこと)、元どおりの状態に戻すように「骨盤」を修正する場合がある。 この場合は、手術のようなかたちで「骨盤」の修正をされることが多い。 また婦人科では、産後に骨盤の関節のズレを治すように骨盤を絞めて安定させる骨盤ベルトのような装具をすすめる病院がある。

骨盤は歪むのか?


病院などの一般の医療では骨盤は歪まないとされており「カイロプラクティック」などでは骨盤はズレると言われ、どっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いが出るのかを解説してみます。 まずは、「カイロプラクティック」でいう骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲンなどの画像でわかるようなひどいズレは扱いません。

一般の医療では?


整形外科などの一般医療では、レントゲンなどの画像診断で見ることのできない程度のズレは痛みなどの身体の不調の原因になりえないと考えます。 それ以外にも骨盤の可動性はわずかで例外的なのは出産の時に開く程度。 中年以降は仙骨と腸骨はくっついてしまう為、「骨盤」は通常可動域は無いと考えらているようです。

カイロプラクティックの骨盤矯正は?


手技療法でおこなわれている骨盤矯正では、日頃から「骨盤」のすこしのズレを治療した後に症状がなくなるのを体験します。 実際骨盤の骨盤のお周りには神経、筋肉、靱帯、が存在しすこしの歪みでも筋肉、神経、靱帯を充分刺激する。 レントゲンやMRIのような画像診断でひずみがみられなくても骨盤がひずんでいてその歪みを治療する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこの為です。

骨盤の歪みが原因?


歪んだ骨盤は、色々な異常を身体にもたらします。 骨盤が歪むと骨盤に乗る脊椎がズレます。 脊椎が歪むと背骨の中の神経や、体を保筋肉や靱帯、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管に負荷がかかりこれらは、全て肉体にとってすごく重要なものでどれが障害されても体に障害が起こります。

骨盤が原因で神経圧迫


脊椎が歪むと脊椎より出る神経の伝達が障害されます。 内臓の障害や運動機能の異常など体の様々な部分が神経の命令で操られているのですべての肉体の異常に関わってきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担


歪んだ肉体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかってくるため慢性の凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

歪みによる血行不良


体の曲がりによって血管などを圧迫すつことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの原因なってしまう。

カイロプラクティックで行う骨盤矯正


手技療法による「カイロプラクティック」の骨盤矯正では、おおくの場合手によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドなど使用することもありますが、一般には手技でするようです。 また、骨盤ベルトのような「骨盤」を固定する装具ももちいることもあります。 一般に修正の痛みは無いのが普通のようですが、その中にはすごく強い力で無理に矯正をする方法を用いる治療師もいます。 正常な骨盤の場合、骨盤の仙腸関節の可動域は非常に狭く大きく可動することはありません。 このすくない動きを施術で動かすので、基本的に大きな力を必要とすることはありません。

カイロプラクティックでおこなっている骨盤矯正


骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔らかさの許す範囲でしか骨盤の関節は可動することはできないのです。 「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、雑誌、ネットで見られますが、騙されないように。 骨盤にどれだけ力をかけても見た目で分かるだけの変化はしません。 こんな宣伝をする「カイロプラクティック」では、骨盤の上に乗っかるなど強い力を加えるなどして修正します。 大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える人もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど可動した時は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。 治療した後変わったと思う方もいるみたいですがプラシーボ効果のようなもので変ったような気がしているだけなんです。 骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど動いていることはありえません。 仮に目に見えて動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙腸関節の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、仙腸関節の強い痛みが発生しているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?


例外として骨盤が普通異常に可動する場合がある。 それは出産時です。 出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるみ骨盤が、開くように可動しやすくなったりします。 出産時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性は無いのです。 出産の時でもそんなに大きく可動しない「骨盤」が、外見で分かるほど施術で大きく可動することはありません。 歯列矯正のように数年間にわたって常に力を加えるようなコルセットなどを使用すれば徐々にですが矯正していくことは可能でよしょうが現実的に無理があります。

骨盤を矯正しよう!


カイロプラクティックで行われている骨盤矯正は体形などを変えるものでなく肉体をバランスのとれた理想の状態に整えることが目的です。 骨盤の腸骨と仙骨の関節が小さなひずみでも痛みなどを発症することもありますし、骨盤のちょっとの歪みを肉体全体を歪ませ健康などに大きな影響を与えます。 骨盤を修正して体をバランスのとれたいい状態に維持することで健康を保って凝りや痛みを改善します。 もしも骨盤が曲がっているとおもうのであれば骨盤矯正をやってみるのもいいでしょう。 骨盤は、身体の土台です。 骨盤が傾けば背骨が傾きます。 健康な体は姿勢から!「カイロプラクティック」矯正はとっても有効な助けになる。
骨盤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です