鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

浜松市東区、整体

【2ch安価スレ】怖い話を安価で作ってみたw


【実話】性病にかかった男の恐怖体験!!


【ゆっくり解説】機雷処理の見学で大爆発。 降り注ぐ人間の体だったもの…「湧別機雷事故」


【マジ?】本当は実在しない雑学10選


【裏山①】誰も知らない裏山の秘密【ドラえもん雑学】


【ゆっくり解説】世界一高額な飛行機B-2スピリットの秘密



骨盤矯正と整体


「骨盤矯正」


近頃骨盤矯正というのをネットや週刊誌やテレビなどで見ることが多くなりました。 骨盤矯正とは、なんなのか知っている人は多くありません。 骨盤矯正はなんなのか説明していきます。 「骨盤矯正」のことを知り間違いのない骨盤矯正を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は、左右一対の腸骨とその中間にある仙骨、それと仙骨の先につながる尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の修正はおこないません。 なぜだと思いますか?一般の病院では骨盤はズレないと考えられていて、骨盤が普段の生活で歪み、そのズレが身体機能の異常の原因になるようなことは無いと考えているからなのです。 (だがしかし一部の整形外科で「骨盤」の調整を独自のやり方でやっている整形外科も少ないながらもあります)。 例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように大きな力が骨盤にくわわり「骨盤」の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいな状態)、元の状態に戻す為に骨盤を矯正することがある。 この場合、手術のようなかたちで骨盤の修正をされることが多いようです。 また産科では、出産後に骨盤の関節の緩みを改善するように骨盤を締め付けて固定する骨盤ベルトのような装具を奨める病院が増えてます。

骨盤は歪むのか?


一般の医療では、骨盤はズレないとされ整体などの手技療法では骨盤はズレると考えられていてどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそんな違いがでるのかを解説してみます。 まずは、整体で言う「骨盤」がズレるというのは病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像で見て分かるような大きなズレは扱うことはありません。

病院では?


外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像で見ることのできない程度の歪みは痛みなど身体の不調の原因になりえないと考えているのです。 これ以外にも骨盤の可動性は微妙で例外的に出産時に開く程度。 中年くらいになると腸骨と仙骨はくっついてしまうので「骨盤」は通常動きが無いと考えているようです。

整体などの手技療法では?


整体でおこなう骨盤矯正では、普段の治療で骨盤のほんの少しのズレを修正したことで症状がなくなるのを経験しています。 事実骨盤の関節の周辺には筋肉、神経、靱帯などが存在しちょっとの歪みでも筋肉、靱帯、神経を充分刺激します。 レントゲン写真のような写真で歪みが認められなくても骨盤がひずんでいてその歪みを施術する必要があると整体で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になる


ひずんだ「骨盤」は、色々な痛みなどを体に出現させます。 「骨盤」がズレると骨盤に乗っている背骨が湾曲します。 脊椎が歪むと背骨の中を通っている血管や神経、体を保筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに大きな負担がかかりこれらは、それも全て身体にとってとても重要なもので、どれか一つが障害されても肉体に障害が起こるようになります。

骨盤が原因の体調不良


脊椎が歪むと背骨から出ている神経機能が障害されます。 内臓機能の異常や運動器官の異常など身体の様々な部分が神経の命令で操られているのでこれら全ての体の異常に関わってきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担


歪んだ肉体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負担がかかるため、凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

体が歪むことによる血行不良


体の曲がりによって血管を圧迫されることで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因になる。

骨盤矯正と整体


手技療法による整体の「骨盤矯正」は、多くの場合手技によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もありますが、一般には手でするようです。 また、コルセットのような骨盤を締め付けるような器具も使う場合もあるようです。 ふつう調整の痛みをともなわないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に治療を行う方法を使用する整体師もいます。 普通の骨盤の場合は、「骨盤」の仙腸関節の動きは非常に狭く大きく可動することは無い。 この少ない可動域を治療で動かすので、通常は大きな力を使うことはない。

整体で行う骨盤矯正


骨盤の関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、靱帯や筋肉などの柔軟性の範囲でしか骨盤の関節は可動することはできないのです。 「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、雑誌、ネット、テレビで見ますが、騙されないように。 骨盤にどれほど力をかけても眼で見て分かるだけの動きはしません。 こんな広告をする整体では骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えて施術します。 凄く強い力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える人もいますが、目に見えて分かるほど動いたときは骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、筋肉や靱帯を壊してしまいます。 治療前後で変化したと感じる方もいるようですが、気のせいみたいなもので変ったような気がしているだけです。 骨盤の仙腸関節に損傷がなければ骨盤が見た目で変化が分かるほど動いていることはありません。 仮に見た目で動きが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は損傷しているわけであり、骨盤の関節に強い痛みが生じているはずです。

産後の骨盤矯正は例外?


例外的に骨盤が、通常以上に動くことがあります。 それは出産時です。 出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩み骨盤が、広がるように動きやすくなる。 出産の時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産の時以外では骨盤の関節はこのような柔軟性はない。 出産時でもそんなに大きく動かない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく可動することはありえません。 歯の矯正のように何年か常に力を加えるようなコルセットなどを使用すれば少しずつですが矯正していく事は可能でよしょうが実際には無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!


整体で行う「骨盤矯正」は体形を変化させるようなものではなく身体をバランスのとれた理想の状態に戻すことが目的です。 骨盤の関節はわずかな歪みでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の微妙な歪みが身体全体をひずませ健康に大きな影響を与えます。 骨盤を治して体をバランスがとれたいい状態に戻すことで健康を保ち凝りや痛みを解消します。 もし骨盤が歪んでいると思ったら「骨盤矯正」を受けてみるのもいいと思います。 骨盤は、身体の土台です。 骨盤が傾けば体全体が傾きます。 健康な体は正しい姿勢かた¥ら!整体の治療はすごく効果的な手助けになります。
浜松市中区、骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です