鬪ィ逶、繧定ェソ謨エ縺吶k

浜松市西区、骨盤矯正

【知らぬ間に犯罪者へ】SNSで幸せアピールし続けた勘違い男の末路!!


異例の速さで開発!?大型陸上攻撃機「連山」はなぜ実戦に参加できなかったのか?【梟軍事情報局】


【2ch面白いスレ】爆笑!腹筋崩壊コピペ・コメントまとめ80連発眠くなるまで笑ってね!聞き流し・作業用BGMに初見コピペ多めです【ゆっくり解説】


星空のディスタンス


薬師丸ひろ子「探偵物語」 2ndシングル, 1983年5月 [HD 1080p]


【2ch面白いスレ】爆笑!腹筋崩壊コピペ・コメントまとめ80連発眠くなるまで笑ってね!聞き流し・作業用BGMに初見コピペ多めです【ゆっくり解説】



整体と骨盤矯正


「骨盤矯正」


最近骨盤矯正と言うのをテレビや週刊誌やネットで見かけることが多くなりました。 骨盤矯正とはどんなものなのか分かっている人達は多くない。 骨盤矯正はどのようなものか説明してみる。 「骨盤矯正」のことを知り間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正


「骨盤」は、左右一対の腸骨とその間にある仙骨、それに仙骨(せんこつ)の先につながる尾骨からなっています。 外科などの病院の治療では一般に骨盤の矯正はおこないません。 なぜか?普通の整形外科では「骨盤」はズレないと考えていて「骨盤」がふんだんの生活で歪み、そのことが身体の不調の原因になることはないと考えているからです。 (だがしかし一部の病院では「骨盤」の治療を独自の方法で行っている病院もわずかにある)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように大きな力が骨盤に加わり骨盤の関節が大きく歪んだとき(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を施術することがあります。 この場合は、手術のようなかたちで「骨盤」の矯正をおこなうことが多いようです。 また産婦人科では、出産後に骨盤の関節のズレを改善するように骨盤を絞めて固定するベルトのようなものを奨める病院が増えてきました。

骨盤はズレるのでしょうか?


病院などの一般の医療では「骨盤」はズレないと言われ、「整体」などの民間療法では骨盤は歪むと言われ、どっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いが出るのかを解説してしてみたいと思います。 まず、整体で言うところの骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像で分かるようなひどいズレは扱いません。

病院では?


外科などの医療ではレントゲン写真などの画像で見ることのできないくらいの歪みは痛みなど身体の不調の原因にはならないと考えています。 それ以外にも「骨盤」の動きは少しで例外的なのは出産の時に可動する程度。 歳をとると腸骨と仙骨はくっついてしまう為、骨盤は通常では稼働しないと思っています。

整体の骨盤矯正は?


整体で行われている骨盤矯正は、日頃から骨盤の微妙なズレを治療することで痛みが無くなるのを体験しています。 事実骨盤の関節の周辺には筋肉、神経、靱帯が存在し少しのひずみでも靱帯、神経、筋肉を充分刺激してしまいます。 MRIやレントゲンのような写真でひずみが写らない場合でも骨盤が歪んでいて、そのズレを矯正する必要があると整体で言うのはこのためです。

骨盤の歪みは痛みの原因になる


ひずんだ骨盤は、いろいろな異常を肉体に出現させます。 骨盤が歪むと骨盤に乗っている背骨がひずみます。 背骨が湾曲すると背骨の中を通る神経や血管、身体を支える靱帯や筋肉、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても肉体にとって凄く重要なものでどれか一つが障害されても身体に障害が起きてきます。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫


脊椎が歪むと脊椎より出る神経の機能が障害されます。 内臓機能の異常や運動機能の異常など体のいろいろな部分が神経の情報でコントロールされているので、全ての肉体の障害に関連してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担


ズレた体は、関節の動き、筋肉、靱帯に異常な負担がかかる為、慢性的な凝りや痛みの要因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良


肉体の曲がりによって血管などを圧迫されることで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの原因なってしまう。

整体による骨盤矯正


手技療法などによる「整体」の骨盤矯正では、主に手によって行われます。 矯正器具や矯正ベッドなど使うこともあるが、一般的には手技でするようです。 また、骨盤ベルトのような「骨盤」を固定する器具も用いる場合もあるみたいです。 普通矯正の痛みは伴わないのが普通ですが、中にはすごく強い力で無理に施術をする方法を使用する整体師もいます。 正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の動きはすごく狭く大きく動くことはない。 この少ない動きを治療で動かすので、普通大きな力を使用することはない。

整体で行う骨盤矯正


骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、靱帯や筋肉などの柔軟性の範囲でしか「骨盤」の関節は動くことはできません。 「「骨盤」が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、雑誌、ネットなどで見かけますが、騙されないで下さい。 「骨盤」にどんなに力をかけても眼で見て分かるだけの変化はしない。 こんな宣伝をする整体では骨盤の上に乗っかるなどして強い力を加えるなどして調整します。 大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると思う方達もいるようですが、目に見えて分かるほど可動したときは骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、筋肉や靱帯を壊してしまいます。 治療した後変化したと思う方もいるみたいですが気のせいみたいなもので変ったような気がしているだけです。 骨盤の仙腸関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で違いが分かるほど動いていることはない。 かりに見た目で変化が分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、仙腸関節の痛みが生じているはずです。

産後の骨盤矯正


例外的に骨盤が普通異常に動くことがあります。 それは出産時です。 出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるんで骨盤が広がるように動きやすくなったりします。 出産の時には恥骨間が2㎝ほど広がりますが出産の時以外では「骨盤」の仙腸関節は柔軟性はないのです。 出産の時でも決して大きく広がらない骨盤が外見で分かるほど矯正で大きく可動することはありえません。 歯の矯正のように何年か力を加え続けるようなベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していくことは可能でよしょうが現実では無理だと思います。

骨盤を矯正しよう!


整体で行う骨盤矯正は体形を変化させるようなものではなく体をバランスの整った理想的な状態に戻すことが目的です。 「骨盤」の仙骨と腸骨の関節は多少のズレでも痛みなどを発することがあるし、骨盤の微妙な歪みが体全体をひずませ健康などに影響を与えます。 「骨盤」を治して身体をバランスのとれた理想的な状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを解消します。 もし「骨盤」がズレているとおもうのであれば骨盤矯正をやってみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、肉体の土台です。 骨盤が傾けば身体全体が傾きます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」施術はすごく効果的な助けになる。
骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です