鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

浜松市、カイロプラクティック

【警告】※ついに始まった…※ 3年前の僕の予想は的中していたし水面下で徐々に格差は広がっている【岡田斗司夫切り抜き】


3割の人が勘違いしている雑学10選


【ゆっくり解説】頭がおかしい…酷いいたずらが原因で起きた最悪の出来事


【2021年版】Office2013の再インストール画面の出し方紹介


ジャベリンより遥かに高性能だが、01式軽MATは失敗だったのか?


【ゆっくり解説】ウェリントンと奇妙な仲間たち 後編 #7 【珍兵器解説】



カイロプラクティックの骨盤矯正


「骨盤矯正」


最近「骨盤矯正」と言うものを週刊誌やテレビやネットなどで見かけることが増えてきました。 「骨盤矯正」とはどんなものなのか分かっている人は少ない。 骨盤矯正はなんなのか説明してみます。 「骨盤矯正」のことを理解し間違いのない骨盤矯正を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!


「骨盤」は、左右一対の腸骨とその中間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨の先につながる尾骨からなります。 外科などの病院の治療は一般に骨盤の矯正は行いません。 なぜだと思いますか?普通の整形外科では骨盤は歪まないと考えていて「骨盤」が普段の生活で歪み、それが身体機能の不調の要因になったりすることはありえないと思っているからです。 (しかし一部の整形外科では骨盤の調整を独自の方法でしている整形外科もわずかにあります)。 例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように強烈な力が「骨盤」に加わり骨盤の関節が大きく歪んだ時(骨盤の関節の捻挫、脱臼のような状態)、元の状態に戻すように骨盤を施術することがある。 この場合は、手術のようなかたちで骨盤の修正をすることが多い。 また産婦人科では、産後に「骨盤」の関節のズレを調整するように骨盤を絞めて安定させる骨盤ベルトのようなものを奨める病院があります。  

骨盤はズレるのでしょうか?


病院などの一般の医療では、「骨盤」はズレないと言われ、「カイロプラクティック」では「骨盤」はズレると考えていていったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそんな違いが出るのかを解説してみようと思います。 まず、「カイロプラクティック」でいうところの骨盤が歪むというのは病院などでいう「骨盤」の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲンなどの画像診断でわかるようなひどい歪みは扱いません。

一般の医療では?


産婦人科などの一般医療では、レントゲンなどの画像診断で見て分からない程度の歪みは痛みなど身体の不調の要因になることは無いと考えています。 これ以外にも骨盤の可動性は微妙で例外的なのは出産するときに可動するくらい。 中年以降は腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうため「骨盤」は普通動きがないと考えているようです。

カイロプラクティックの骨盤矯正


カイロプラクティックなどでおこなう骨盤矯正では、普段の施術で「骨盤」のほんの少しのズレを矯正したのちに患者の痛みがよくなるのを体験します。 実際「骨盤」の仙腸関節の周りには靱帯、神経、筋肉などがあってちょっとの歪みでも筋肉、神経、靱帯を充分刺激してしまいます。 レントゲンやMRIのような画像で歪みが見られなくても骨盤がひずんでいてそのズレを施術する必要があるとカイロプラクティックで言うのはこの為です。

様々な痛みは骨盤の歪みが原因?


ズレた骨盤は、さまざまな痛みを体にもたらします。 骨盤がズレると骨盤に乗っている背骨がズレます。 脊椎がひずむと脊椎の中の血管や神経、骨格を保筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに負担がかかります。 これらは、どれをとっても身体にとって凄く重要なものでどれが侵されても筋肉や内臓に障害が起きます。

骨盤が原因の神経圧迫


背骨が歪むと脊椎から出ている神経の伝達が狂います。 内臓諸器官の異常や運動機能の異常など体のあらゆる部分が神経の命令で操られているのでこれら全ての肉体の障害に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担


歪んだ体は、関節、筋肉、靱帯に異常な負荷がかかってくるため慢性的な凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良


身体のズレによって血管などを圧迫すつことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの原因になります。

カイロプラクティックと骨盤矯正


民間療法などの「カイロプラクティック」の「骨盤矯正」ではおおくの場合手技によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もあるが、一般的には手でおこないます。 また、コルセットのような骨盤を締め付けるような器具ももちいることもあるみたいです。 普通施術の痛みは伴わないのが普通ですが、その中にはすごく強い力で無理に矯正を行う方法をもちいる治療師もいる。 正常な「骨盤」の場合、骨盤の関節の動きは凄く狭く大きく動くことはありません。 このすくない可動域を修正により可動させるので普通は大きな力を使うことはないのです。

カイロプラクティックでおこなっている骨盤矯正


骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性の許す範囲でしか骨盤の関節は可動することはできないのです。 「骨盤が広がっているから「骨盤」を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをネット、テレビ、雑誌で見かけますが、騙されないように。 骨盤にどんなに力をかけても眼で見て分かるだけの動きはしません。 このような宣伝をするカイロプラクティックでは骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えるなどして調整します。 強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人もいると思いますが、見た目で分かるほど可動した時は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまうため、靱帯や筋肉を壊してしまいます。 治療した後に変化したと感じる方達もいるようですが、勘違いのようなもので変わったような気になっているだけなんです。 骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ「骨盤」が目に見えて違いが自覚できるほど動いていることはありえません。 逆に見た目で違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、関節の強い痛みが出現するはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?


例外的に「骨盤」が通常以上に可動することがある。 それは出産する時です。 出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩み骨盤が、広がるように動きやすくなっていきます。 出産の時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性はないのです。 出産の時でも決して大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど修正で大きく動くことはない。 歯列矯正のように何年か常に力を加え続けるようなベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していくことはできるでしょうが実際には無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!


「カイロプラクティック」で行う「骨盤矯正」は、体形などを変えるものでなく肉体をバランスのとれた理想の状態に正すことが目的なんです。 骨盤の関節は多少の歪みでも痛みを発することがありますし、骨盤のちょっとの歪みを肉体全体をひずませ健康などに影響を与えます。 骨盤を修正して体をバランスがとれたいい状態に保持することで健康を保ち痛みや凝りを改善します。 もしも「骨盤」がズレているとおもうのであれば骨盤矯正をやってみるのもいいと思います。 骨盤は身体の土台です。 骨盤が傾けば背骨が傾ていしまいます。 健康な体は姿勢から!カイロプラクティック矯正はとても有効な助けになります。
浜松市、骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です