頭痛、カイロ

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

カイロプラクティック


「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は、1895年アメリカの「パーマー」によって発明された療法です。
カイロプラクティックの名称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた造語です。
WHOでは補完代替医療として位置づけている。
発祥国アメリカや、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などの一部の国(およそ40か国)においては、主に筋・骨格系の障害を扱う背骨健康管理の専門家として法制化されています。
世界保健機関の定義は、「筋肉・骨格の障害とそれが与える健康への影響を診断、治療、予防をする専門家である。

カイロプラクティックの施術


治療としては、手によって行われる脊椎矯正あるいは脊椎マニピュレーションを特徴とし脊椎のわずかなズレに注目している」。
但し、カイロプラクティック 「Chiropractic」 の定義は、いろいろな団体や学校で異なる場合も多く見られます。
中には苦痛の元が脊椎などのの構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)だと考え、その歪み(サブラクセーション)を手や矯正器具により正す位置に矯正することで痛み・シビレを治療するうことがカイロプラクティック(背骨矯正術)だと考えている人がいます。
例を上げれば米国カイロプラクティック協会(en:American Chiropractic Association)が定めるカイロプラクティックでは筋肉系、骨格系と神経系の病気に特化した施術と定義されている。
カイロプラクティック治療者は/外科的手術はしなくて、オリジナルの手技による矯正を施術方法の主な手段とし、検査、診断と治療を行っています。
カイロプラクティック施術者は身体に関する幅広い診断知識を持っていて、手技療法に加え、理学療法・リハビリ、栄養・食事指導や生活習慣のアドバイスもしています。
カイロプラクティック(背骨矯正療法)の名称はギリシャ語の Chiro「手」 Prakticos(技)を合わせた造語であります。
このことは前述の「サブラクセーション」(脊椎のわずかの歪み)の治療のためにアジャストという施術を使用することにあります。
WHO世界保健機関では、カイロプラクティック(Chiropractic) を代替医療と位置づけしています。
「カイロプラクティック」は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(Chiropractic) 以外にもオステオパシー (Osteopathy)やスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。
米国の治療家ダニエル・デビッド・パーマー が生み出された。
病変は神経系の障害により起るという考え方に基づき、肉体、主に椎骨の関節調整によって神経系の機能回復を目的とした施術なのです。
19 世紀アメリカ(米国)にて体系づけられた神経機能障害に対する治療方法です。
骨格の歪(ズレ)みを矯正、神経機能を整えさせ、各組織や各器官の異常を正常に整える
「カイロプラクティック」 (Chiropractic) 背骨・骨盤障害とそれが及ぼす健康全般への作用を判断、治療、予防をするスペシャリストであり、骨格矯正もしくは脊椎マニピュレーションを含めた徒手を特徴として、特に椎骨のわずかの歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する施術方法です。
簡単に言えば…、歪み、特に脊椎の異常を手技や器具によって整復することによって神経の機能の作用を改善する療法です。
すなわち人の身体コントロールするのは脳につながる神経線維であり、その神経線維の伝達が良くなれば自然に人体は痛み・痺れの軽減とともに健康的になると考えている訳です。
健康管理の中の骨格ヘルスケアの専門家。
神経系、骨格系の機能や能力、健康そして日常生活の質を向上させる能力を持っている。
最新の研究および臨床に基づいて、主に脊椎と神経系の関りを重視し治療、診断、検査に専門的な着手計画をします。
手技矯正、体操療法、患者教育など含みながら、主に椎骨アジャストメントを執り行う教育を受けた専門家です。
カイロプラクティック(脊椎矯正法)では病歴を聞き取り、姿勢バランス検査など各種の検査をします。
そしての歪みを総合的に診断して施術の順番を構成、症状や体の特徴に応じた施術カイロ・テクニックを用います。

カイロプラクティック整体骨盤矯正背中の痛み産後の骨盤o脚カイロ整体頭痛片頭痛肩こり背中腰痛ギックリ腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚

肩凝り、整体

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

整体


整体(せいたい)とは日本語では一般に手技を使った民間療法(みんかんりょうほう)民間療法、代替医療(だいたいいりょう)を表す言葉です。
また、身体を整える治療方法全般に対して使用される言葉。
日本語として大正時代に使われ始めた言葉でアメリカで体系づけられた手技療法・オステオパシーを「整体」と訳したのが始まりのようです。
今現在一般的に使用される意味ではカイロプラクティック(脊椎矯正療法)に似た背骨矯正術(主に背骨・骨盤)を目的とした手技療法を指して用いられるケースがおおい。
脊椎・骨盤・上肢・下肢など、身体全体の骨格や関節の歪みの調整、筋肉の調整などを、手を使った手技(しゅぎ)と補助器具で行う治療及びそれらの行為を指しているという意見もあるが統一された体系はない。
手技的治療によりいろいろな症状を改善することを目的とする治療方法はマニピュレーションと称されるが、この代表といえるのがカイロプラクティック 「Chiropractic」 ・オステオパシーである。治癒力(ちゆりょく)を活性化することと手技が施術の中心であるという共通点があるが、治療の哲学やアプローチの方法は異なる。
どちらも19世紀にアメリカで生まれた施術であります。カイロプラクティック(背骨矯正療法)は脊椎の椎間関節の「サブラクセーション」(亜脱臼)を徒手的手技で調整アジャストメントすることによって、疾病を改善しようとするものである。オステオパシーは身体の構造の異常は血液やリンパ液の循環に悪い影響をおよぼし、神経の伝達や内分泌、血液・リンパ液などの循環を妨げると確信し、脊柱だけでなく全ての筋肉繊維や骨格、内臓器、頭蓋骨が治療法の対象となる。
脳髄液の循環の回復やリンパの循環の回復も目的とされています。「カイロプラクティック」 (Chiropractic) 又はオステオパシー (Osteopathy)の理論・技法は整体や指圧などの日本の手技療法に影響をあたえた。

整体の施術


整体(せいたい)に定まった方法は無く行う人によって行う事は異なる。大正時代伝わった「オステオパシー」やカイロプラクティック(背骨矯正療法)など欧米伝来の治療法を主とする整体、日本古来の格闘技の柔術(じゅうじゅつ)や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される手技療法を用いた整体(せいたい)、中国医学の手技療法を取り入れた整体、団体の独特の施術法などを加味した整体(せいたい)などあるといわれています。
民間療法であり、医療制度から見て補完代替医療の一種であるが、保険の適応外ですので、一般医療と共に一般の医療現場で補助療法として使用されることはない。法制度からは医業類似行為の一種とされています。「整体術」・「整体法(せいたいほう)」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれています。明治に出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック(背骨矯正法)オステオパシー、光線療法、電気治療などの手段で病気回復の目的で業をなすことを「療術」といいますが、整体もこの一つとされています 。
整体(せいたい)は、理論・技術の両方とも統一されていないため、整体を冠する療法家個人が独自の説を語っています。
カイロプラクティック(脊椎矯正療法)のような科学的・物理的手法と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で時々に使われる「内臓体壁反射」などの理論の寄せ集めとなっています。
体全体の各関節(背骨・骨盤・肩甲骨・四肢・顎関節等)の歪み・ズレの補正と骨格筋のアンバランスの調整など主に手による技術(道具を使用する場合も)で行う治療です。

カイロプラクティック整体側弯症首の痛みヘルニア姿勢カイロ整体頭痛片頭痛肩こり背中腰痛ギックリ腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚

肩こり、カイロプラクティック

カイロプ整体頭痛片頭痛肩こり背中腰痛ギックリ腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚

カイロプラクティック


カイロプラクティックとは1895年アメリカ(米国)の「D.D.パーマー 」によって開発された施術方法
カイロプラクティックのと呼ばれるようになったのは、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた言葉です。
世界保健機関では補完代替医療に位置づけています。
発祥国の米国や、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などの一部の国(およそ40か国)は、おもに筋骨格系の障害を取り扱う筋骨格系健康管理の専門家として法制化されています。
世界保健機関WHOの定義では「筋肉骨格系の障害とそれが与える健康全般への影響を診断・治療・予防する専門家です。

施術方法


治療方法は、手によって行われる関節アジャストメントもしくは背骨マニピュレーションを特色として、特に背骨の少しの歪みに注目している」。
但し、「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 の定義は、様々な団体や学校によって異なっているケースも多くみられます。
中には苦痛症状要因が脊椎などの関節(運動分節)の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)だと考え、その亜脱臼(サブラクセーション)を手や矯正器具で正しい位置に矯正することで痛みやシビレ施術すること「カイロプラクティック」と考える方がいます。
例えば米国カイロプラクティック協会が定義するカイロプラクティック(背骨矯正術)は筋・骨格系神経系の疾患に専門化した医療であると定義されています。
カイロプラクティック施術者は薬剤治療・手術は行わず、カイロプラクティック、オリジナル矯正法を施術の主な方法とし検査と診断と施術をしている。
カイロプラクティック治療者は身体に関する様々な分野の診断知識を持ち、治療に加え、理学療法リハビリ栄養/食事指導や生活習慣の指導も日常行っている。
カイロプラクティック(Chiropractic) の名称は、ギリシャ語の Chiro(手技)と Prakticos「技術」を一つにして造った造語である。
このことは前述のサブラクセーション(脊椎の少しの歪み)の施術の為に「アジャストメント」という手技療法をすることに由来する。
世界保健機関では、カイロプラクティック Chiropractic を代替医療と位置づけしています。
カイロプラクティック(Chiropractic) は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 Chiropractic 以外にオステオパシーやスポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。
アメリカ(米国)の治療師D.D.パーマー が創始した。
病態は神経の障害で発生するとの哲学に基づき、肉体、特に背骨調整神経系の機能の回復をしようとする施術なのです。
19 世紀末に米国で生み出された神経機能障害に対して行う施術方法。
椎骨の歪(ズレ)みを調整、神経機能を正常化させ、各組織や器官の異常を正常化する。
カイロプラクティックは脊椎障害とそれらが及ぼす健康全般への作用を診断、治療、予防する専門職であり、骨格矯正もしくは脊椎マニピュレーション(調整)を含めた手技療法を特徴として、主に背骨の小さなズレ(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療法です。
分かりやすく言えば・・・、骨格の歪み、特に背骨(椎骨)の歪みを手技や特殊な矯正ベッドによって整復することによって神経の作用を治す施術法
人の肉体を主に制御するのは脳と脊髄つながっている神経線維であり、その神経系の伝達が良くなれば自然に人体は疾病の回復とともに健康になると考えるわけです。
ヘルスケア・システムの中における脊椎健康管理専門家
神経系、骨格系の機能、能力、健康全般そして日常生活の質を高める機能を備えている。
最近のリサーチ臨床に基づき、主に背骨(脊椎)神経系の関係を重視しながら診断、検査、治療に専門的なアプローチを行う。
徒手矯正運動、患者の教育など含みながら、特に脊椎アジャストメントを行う訓練を受けた専門家。
カイロプラクティック(脊椎指圧療法)ではまず既往歴を訊き取り、姿勢バランス分析など各種検査を行います。
そして脊椎のアンバランスを統合的に診断して治療手順を組み立てて、病状や体の特徴に適合した手技のカイロプラクティック・テクニックを使います。

カイロプラクティック整体腰痛頭痛産後の骨盤カイロ整体頭痛片頭痛肩こり背中腰痛ギックリ腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚

O脚矯正とカイロプラクティック

O脚矯正


O脚矯正


脚の悩みですごく多いのがO脚なんですがこのO脚が女性達に特に多いことを知っている方は少ない。女の方でO脚を気にしている人達は、多いと思いますが、最近では男の方もO脚を気にして治療を受けることも多いようです。O脚のように曲がった脚は、外見が悪く下半身が太って見られます。ミニスカートなど脚を露出することの多い女の子にとっては、見た目の悪さが大問題になります。また見た目だけでなくO脚は、腰痛、肩凝り、便秘、脚のむくみ、頭痛、生理痛のような病気の要因になっていることもあったりして、将来膝の関節の大きな変形をきたし、膝を曲げられない、膝関節に水が溜まる、膝関節の痛みで歩けない、みたいな症状で苦労することになるかもしれません。

O脚の原因は?


O脚の原因には先天的なものと、後天性なものがあります。先天的なものは遺伝によって受けるがれたものです。後天性のものは、生活習慣などによって脚の骨が少しずつ歪んできてしまったものです。床に座る時のクセや歩き方の癖などで脚の骨が歪んでいきます。成長する時期の骨が大きく伸びる時の影響は大きく、ほとんどの場合、成長する時にO脚なってしまいます。また、O脚は中年以降、骨や筋肉が弱くなってくると急にO脚の歪みが悪化する場合が多く、関節が歳をとると共に変形するのが原因になっています。

O脚って真っ直ぐになるの?


昔は、O脚の要因は分かっていなくて一度O脚になってしまったら真っ直ぐになれないといわれていましたが、近頃では、O脚の多くは改善することが知られるようになりました。曲がってしまった骨格は真っ直ぐにすることはできないのですが、膝関節、股関節、骨盤などの骨格を矯正することによってO脚を真っ直ぐに近付けていくように修正することが可能です。O脚で悩んでいるのでしたら一回O脚矯正を受けてみるのもいいかもしれません。

カイロプラクティックとO脚矯正


O脚の治療法で最も有効なのがカイロプラクティックです。カイロプラクティックは、関節を修正する民間療法でもちろん脚の矯正の専門家です。カイロプラクティックでおこなうO脚矯正は、骨盤、股関節、足首の関節、膝関節などを様々な方法で修正することによってO脚になった脚を真っ直ぐに近づけていきます。O脚の状態によっては機械を使用することもありますが、だいたい手によって矯正していきます。カイロプラクティックのO脚矯正は、一度目から変化が出る場合が多く、効果的なのがわかります。ただし、カイロプラクティックO脚矯正といってもカイロプラクティックごとに矯正法が違い、どこでも同じ矯正ができる訳ではないのです。カイロプラクティックは技術職です。カイロプラクティック師の力量にとても大きな差があるからです。よく調べてから行ってもるのがいいでしょう。O脚矯正をしているカイロプラクティックでもホームページなどに矯正したO脚の写真を載せていない所とかは行くのを考えた方がいいかもしれません。O脚の治療の実績が無いカイロプラクティックかもしれません。危険なのが最初から回数券すすめたり、カードローンなどをすすめてくる所も考えた方がいいかもしれませんね。初めの数回はようすを見るために回数券やローンを組まずに通った方がいいですね。

O脚を改善しよう


O脚は、高齢になると脚の痛みだけではなく体全体に影響を及ぼすものです。矯正するにしても早くしないとO脚の矯正が難しくなります。カイロプラクティックの骨格矯正で改善できると言っても、股関節や膝などの変形が進んでからではなにもできません。O脚に気が付いたら、なるべく早く(できれば10代のうちに)改善することをおススメします。カイロプラクティックが有効と言っても限界があるので、治らなくなってからは手遅れです。O脚を気にしているのであれば、一回カイロプラクティックに行ってみることをおすすめします。

整体カイロプラクティック整体カイロ痛み、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側彎症o脚矯正x脚矯正身体のメンテナンス背骨の痛みストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正体調不良カイロプラクティック整体

繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縲∬・逞・ 繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ィ閻ー逞・ 繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ョ豐サ逋ゅ→閻ー逞・ 繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ョ閻ー逞帶イサ逋・ 閻ー逞帙・豐サ縺玲婿

腰痛を治す整体の矯正


腰痛を改善する整体の矯正


腰痛は、腰部の痛みや炎症などを感じる状況をいいます。大多数の腰痛はたいてい発現から数週間以内に治ります。しかし、大半の「腰痛」は傷めることを何回も繰り返しそのうちの何パーセントかは運動に重大な支障をきたす重大な症状になってしまいます。「腰痛」は、大まかに分けて急性腰痛と慢性の腰痛に分けることができます。急性腰痛は、急に痛くなる、「ぎっくり腰」を含めて症状が出てからあんまり時間の経ってないものです。慢性腰痛は長い間痛みや不快な状態が腰の部分につづく「腰痛」で、痛みの消失と発症を繰り返しながら長期間継続する場合もあります。一生のうちで80%ほどの方が、一回は「腰痛」を経験すると
いわれている。

腰痛の分類


腰痛」は急性の腰痛と慢性の腰痛という発症してからの期間で分類されるだけではなく、もちろんのこと要因によっても分けられます。要因による腰痛の分類には、急性腰痛症(ぎっくり腰)、椎間板ヘルニア、腰部椎間板症変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、心因性腰痛、腫瘍(ガン)、がある。腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)のような「腰痛」は、老人にはよくある「腰痛」で、画像診断をすると、おおくの場合高齢の方に認められますが、これらの病変は高齢の人達の「腰痛」の原因ではないという話もあります。これは、手術などによってこれらの病変を取り除いても、「腰痛」が消失しないことがおおいためである。緊張性の腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は、筋肉などに過度な負荷が加わることで、筋肉などが、収縮することによって引き起こされる「腰痛」である。慢性の腰痛は、「腰痛」が、3ヶ月以上持続する長期の「腰痛」です。原因がはっきりしない「腰痛」も多くストレスや不安などが原因の心理的な「腰痛」ではないかと思われる。急性腰痛長引かせて慢性腰痛になることもあるのです。

それ以外の腰痛


「腰痛」には、大きな疾患が潜んでいるばあいもあり緊急性があり、死ぬ可能性のとても高い疾病もある。緊急性があり、致死性の高い腰痛の原因に腹部大動脈瘤大動脈解離腎梗塞急性膵炎、などあげられます。とくに注意を要する「腰痛」には腹部感染症脊椎感染症悪性腫瘍、などがある。腰痛の要因になるこのような病気に関しては、要因である疾病を治さないかぎり腰痛が良くなることはない。「腰痛」の他にも症状があるときは、腰痛以外の疾病があるかどうか確かめてみることが必要になる。ただの「腰痛」だと油断していると、命取りにもなりかねません。「腰痛」の種類によっては命に係わる恐ろしい腰痛もあることを知っておく必要があります。

非特異的腰痛を来たしやすい要因


精神的な要因(ストレス、不安など)、妊娠、肥満、年齢、腰い負担おかかる職業、運動不足、など。精神的要因による腰痛は、要因が解らない腰痛にたいしてときどき用いられます。しかし、レントゲンやMRIなどに原因らしいものが写らなかったからと言って精神的な原因だと言うのは違っています。レントゲンやMRIに全ての原因が写し出されることはなく、逆にレントゲンやMRIに写し出すことのできない要因の方がはるかにおおいことからも心因性だと診断されたからと言って肉体的な要因が無いと楽観視することはできない。

カイロプラクティックと腰痛の治療


腰痛」の治療法には様々な治療法が用いられます。これは、「腰痛」の原因がいろいろあるということだけでなく、根本的な治療がないことです。一般に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使用する治療と、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢の改善などの運動療法。テーピングやコルセット。電気治療や温熱療法。マッサージや鍼治療。様々な方法が腰痛治療で用いられますが、中でもとても効き目があるといわれているのがカイロプラクティックのような骨格矯正なんです。「カイロプラクティック」は背骨や骨盤などの身体のバランスを調整することで腰痛を改善します。背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の主な原因になる。「カイロプラクティック」は「腰痛」の原因になる脊椎や骨盤を治します。

カイロプラクティックのの施術


「カイロプラクティック」腰痛治療はふつうボキッって関節を矯正するのを想像する人達が多いのではないでしょうか?基本的には「ぎっくり腰」のような急性腰痛などには、このようなボキッっとする治療を「カイロプラクティック」で行うことはない。また急性の腰痛に対してぼきぼきするような矯正をする「カイロプラクティック」には気を付けた方がいいでしょう。急性腰痛にたいして「カイロプラクティック」ではボキボキしない治療方法で背骨骨盤の施術を行います。カイロプラクティックにもやさしい施術法が用いられます。慢性の腰痛に対してはカイロプラクティックの矯正法にもよりますがボキッっとする矯正をする場合もあります。カイロプラクティックは、ボキッってするやり方やボキッっとする施術に関わらず脊椎骨盤を治療する為すごく効果が高いので、「腰痛」で困っているなら一回「カイロプラクティック」の矯正を受けてみることをおすすめします。
カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」

カイロプラクティックと側弯症


側弯症(そくわんしょう)とは?


側弯症は、脊椎側弯症とか脊柱側弯症などと言われます。背骨は理想の状態であれば前面あるいは背面から見ると背骨は真っ直ぐにのびている。しかし、横に彎曲したり、背骨が捻じれている事があり、このような背骨を脊椎側弯症または側弯症いいます。「側弯症」は苦痛を伴うことはほとんど無いため発症早期での発見は難しく、ある程度大きくなってから気付く事が多い。気が付いた時には、もうすでに大きく曲がってしまっていることもあり、成長が続いているときはときどき脊椎の湾曲をチェックして「側彎症」なっているかを確かめることが必要です。

側弯症の原因は?


今は、「側弯症」を原因別に分けるようになってきています。側弯症には、下記のような分類があります。

特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)


特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)とは、原因の分かっていない側弯症の通称です。この特発性側弯症(とくはつせいそくわんしょう)が「側彎症」の80-85%を占めています。成長するときに側弯症は発症し、多くが思春期に出現することから小学4年生くらいから中学校3年生までの間がとくに注意が必要とされる。だいたい1対7の割合で女に多く中でも初潮前後の女性に多く発現し、やせ形の中学生でも発現しやすく、日常生活は関係ない。脊椎の発育や成長がしなくなるまで歪み続ける傾向があることから、出現年齢が早く残りの成長期間が多いほど曲がりが大きくなる可能性が高く、一般に骨成長が成熟期になってくると背骨の歪みがが急速に進行することはなくなる。

胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)


胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)などの先天的または発育段階に生じた脊椎の異常によって発症します。

神経原性側弯症(しんけいげんせいそくわんしょう)


脳や脊髄(せきずい)の異常によって発症する。

筋原生側弯症(きんげんせいそくわんしょう)


筋肉の異常により理想的な姿勢を保持できないことで発症します。

外傷性側弯症(がいしょうせいそくわんしょう)


ケガをしたことで発症します。事故など身体に大きな力が加わったことが原因で背骨が歪んでしまうことがあります。骨折や捻挫、などそれらの後遺症などによって脊椎が歪み側弯症になっていきます。

姿勢が原因の側弯症


日常の生活で姿勢が悪いと「側弯症」になることがある。この「側彎症」は、脊椎の脊椎の変形をともなうことは少数のようです。長期にわたる歪んだ姿勢は、脊椎や肋骨が変形してしまう事もありますが、特発性側弯症のような変形はしません。姿勢が要因で発症する「側弯症」は、整体の治療や生活の中の姿勢をいい姿勢でいることで治すことが可能になります。

体に影響する側弯症


脊椎が曲がる側弯症は、全身にいろいろな悪影響をおよぼします。外見上の問題、内臓機能への影響、肩凝りや腰痛みたいな痛みや不快な症状など。

外見上の問題


脊椎が横方向に彎曲するだけじゃなく、背骨自体がねじれながら曲がるためやがて肋骨なども変形し、凸側の肋骨が背中側に出っ張りだすと女の場合は乳房が左右が不均等になり背中が出っ張るなど外観に影響が現れる。それらの背骨や姿勢の変形により、劣等感や羞恥心など心理的に悪影響を与える場合もあります。重度の側弯症では、子供にも遺伝するかもしれないと考え婚姻の壁になる事もある。

体への側弯症の影響


肺への圧迫と変形からくる循環器障害・呼吸器障害など内臓器官にも悪影響を及ぼします。側弯症が進むと凸側の肋骨の前後幅がつぶれたようになり肺、心臓などの内臓を圧迫しさまざまな悪影響が出る。側弯症が70度を超えた場合は肺活量が極端に減り90度を超えると心臓や肺の機能にも大きく影響し平均余命が短くなるといわれています。

側弯症による凝りや痛み


腰椎は、肋骨がなく主に靱帯と筋肉によって支えられる為、胸椎よりもかかる負荷が大きい。また椎間板(ついかんばん)への影響もあり、側弯が45度を超えると椎間板への負荷が左右不均等となり椎間板の痛み、腰痛の原因となる。脊椎の曲がりは、関節や骨格を支える筋肉、靱帯に大きな負担をかける為に、凝りや痛みの原因になります。急性の痛みや慢性の痛みなどのさまざまな痛みや凝りの原因になりますが、「側弯症」の初期や軽度の「側彎症」では、凝りや痛みが出現することは数少なく、ほとんどの場合凝りや痛みが出現するのは曲がりが大きくなった重度の「側弯症」になってからのようです。

側弯症の検診


日本は、乳幼児や学校の健康診断で脊柱検査が行われており、1980年頃よりモアレによる検診が普及して、早期発見ができるようになった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診が学校での検診の必須項目に加えられました。予防の方法はわかっておらず、早目に発見して保存療法を行うことに利点がある。保存的治療には、カイロプラクティックや整体などの民間療法もあるようです。しかし、カイロプラクティックや整体などの脊椎・骨盤の施術を専門とする治療法でも「側弯症」にとても有効な予防の方法や治療法は発見されていません。

側弯症の治療


医療で行う「側弯症」の治療は、コルセットなどによる治療と手術による治療方法にの二種類に分けられます。

装具などによる側弯症の治療


25度以上と診断を受けてしまうと専用のコルセットなどの装具による固定療法が行われることがおおいようです。コルセットで歪みがなくなることはありませんが、コルセットなどの装具は少しは側弯症の進行を遅くする為、手術となったとしてもその時期を遅らせる効果がある。しかし、装具を付けての日常の生活は苦痛を伴う為、コルセットの着用を途中でやめてしまう方達も多く、現実には、効果を実感する人達はわずかです。また長期的に装着することが必要であるが、側弯症の進行が終わる時期、つまり成長が止まるまで着用する必要があって側弯症のコルセットでの治療はすごく根気がいるものになる。

手術による治療法


50度以上と診察されるとスクリューやロッドを挿入し脊椎を修正するする外科手術が行われますあ。この場合も完全に治ることはありません。外科の手術による「側彎症」の治療後は、脊椎の稼働できる範囲は減ります。また、「側彎症」の曲がりに伴い、肋骨の歪みがあり、肋骨の曲がりの度合いによってよっては、肋骨の切除が必要な場合もある。大がかりな手術になるので、体への影響を心配し手術をためらう人達もいます。

カイロプラクティックの施術


骨の矯正を専門とするカイロプラクティック側弯症の方がたくさん来られます。カイロプラクティックでは古くから「側弯症」の施術を考えてきた歴史があります。しかし、いまだに全ての「側彎症」に特に有効な治療法は見つかっていないのが現状です。しかし、ある一部の側弯症に対しては効果的で改善がみられる場合があります。注意したほうがいいのは、「側弯症を治します」とか「側湾症専門」など、あたかも側弯症が簡単に治る病気のように広告する整体は詐欺みたいな整体院かも!カイロプラクティックの治療で改善する「側彎症」は、「側弯症」全体の一部のある条件が整った側弯症のみなんです。「側彎症」が治るなどと気軽に言う整体に通うのは考えた方がいいかも。そのようなことも考慮した上であれば、カイロプラクティックの手技をを受けてみるのはいいと思います。
カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

整体、O脚矯正

O脚矯正(オーキャク矯正)


O脚の矯正


脚の悩みですごく多いのがO脚なんですがこのO脚が日本の女の子に特に多いことをご存じですか?女性の方でO脚をきにする人達は多いと思うのですが、最近では男性もO脚疑って矯正を受けにくることの多いようです。O脚のように曲がった脚は、外見が悪いだけでなく脚が太って見られます。ミニスカートなど脚を出すことの多い方には、外見の悪さが大問題になります。見た目だけでなく、O脚は、肩凝り、腰痛、便秘、脚のむくみ、生理痛、頭痛などの疾病の原因になってしまう場合もあり、将来膝関節の大きな変形をきたし、膝を曲げられない、膝に水が溜まる、膝関節の痛みで歩けない、などの症状で苦しむことになるかもしれません。

O脚の原因は?の原因


O脚の原因には先天的なものと、後天的なものがある。先天的なものは、遺伝により受け継がれるものです。後天的なものは、生活習慣によって脚が徐々に歪んできてしまったものです。床やイスに座る時のクセや歩き方の癖などで脚の関節が歪んでいきます。成長する時期の身長が大きく成長する時の影響は大きく、ほとんどの場合、成長期にO脚なってしまいます。また、O脚は中年以降、骨や筋肉が弱くなると急速にO脚の歪みが悪化してくる場合が多く、膝が歳をとるにしたがってだんだん変形するのが要因になっています。

O脚って真っ直ぐになるの?


以前は、O脚の原因は分かっておらず一度O脚になったら治らないといわれていましたが、近頃ではO脚の多くは改善することが解ってきました。湾曲してしまった骨格は真っ直ぐに伸ばすことはできませんが、骨盤、股関節、膝関節などの関節を調整することによってO脚を真っ直ぐに近付けていくように治すことが可能です。O脚で悩んでいるのでしたら一回O脚矯正に行ってみるのもいいと思います。

O脚矯正と整体


O脚の矯正ですごく効果的なのが整体です。整体は、脊椎と骨盤を治療する民間療法でもちろん脚の修正の専門家でもあります。整体でおこなうO脚矯正は、骨盤、股関節、足首の関節、膝関節などを様々な方法で修正することによって湾曲した脚を真っ直ぐに矯正していきます。O脚の状態によっては器具を用いることもあるのですが、だいたい手によって調整します。整体O脚矯正は、最初から効果が出ることが多く、効果的なのがわかります。ただし、整体のO脚矯正といっても治療院ごとに調整方法が違い、どこに行っても同じ矯正ができる訳ではないのです。整体は技術です。治療師の力量にとても大きな差があるのです。しっかり調べてからいくのがいいのではないでしょうか?O脚矯正をおこなっている治療院でもホームページに治したO脚の写真を載せていないエステなどは行くのを考えた方がいい場合もあります。O脚の治療の実績が無い治療院かもしれません。それから危険なのが、初めから回数券をすすめたり、カードローンなどを薦めてくる所も考えなおした方がいいかもしれません。初めの何回かはようすを見るために回数券やローンを組まずにした方がいいですね。

O脚を改善しよう


O脚は、歳をとると脚腰の痛みだけじゃなく体全体に悪影響を及ぼす。改善するなら早く(若いうちに)改善しないとO脚の治療自体ができなくなります。整体の施術方法で改善できるといっても、股関節や膝の変形が始まってからでは何もできません。O脚になったらなるべく早く(できれば10代のうちに)改善することをお奨めします。整体が効果的といっても限界があるので、改善できなくなってからでは手遅れです。O脚を気にしているのであれば、一回整体に行ってみることをおススメします。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

閻ー逞帙・豐サ縺玲婿縲∵紛菴・ 閻ー逞帙・豐サ縺玲婿繧呈紛菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帙・豐サ縺玲婿

腰痛を改善する整体の矯正


腰痛を改善する整体の治療


「腰痛」は腰の部分の痛みや炎症などを症ずる状況を言います。大部分の「腰痛」は、おおよそ傷めてから数週間以内に治ります。しかし、多くの「腰痛」は傷めることを繰り返し、そのうちの何割かは生活に重大な支障をもたらす重い状況になってしまいます。「腰痛」は、大きく分類すると急性腰痛と慢性腰痛に分けることができます。急性の腰痛はいきなり痛くなるような「ギックリ腰」を含めて痛みが出てから少ししか時間の経過していないものです。慢性の腰痛は、長い期間痛みや不快な状態が腰の辺りに続く腰痛で、症状の軽減と発病を何回も繰り返し長期間続く場合もあります。人生で80パーセント以上の人が一回は「腰痛」を経験するといわれている。

腰痛の分類


「腰痛」は急性腰痛と慢性腰痛という発症してからの期間で分類されるだけではなく、当然症状によっても分類される。原因による「腰痛」の種類には、急性腰痛症腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、腫瘍(癌)、心因性腰痛、などがあります。腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)のような腰痛は、老人には普通に患う「腰痛」で、レントゲンなどの画像診断をすると、おおくのばあい老人に見られますが、これらは高齢の方達の腰痛の原因ではないという話もあるみたいです。これは手術によって腰痛の原因を取り除いても、腰痛が改善しないことが多いためである。緊張性の腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は、筋肉や筋膜などに過度な負担が加えられることによって筋膜や筋肉が収縮することで発現する腰痛である。慢性の腰痛は腰痛が3ヶ月以上続く場合の腰痛です。要因がはっきりしない「腰痛」も多く不安やストレスなどが原因の心理的な「腰痛」ではないかと考えられている。急性腰痛長引かせて慢性腰痛になることもあるようです。

他の腰痛


「腰痛」は重大な疾病が隠れている事もあり緊急性があり、致死性のとても高い疾患もある。緊急性があり、死ぬ可能性のすごく高い腰痛の原因に腹部大動脈瘤大動脈解離、腎梗塞、急性膵炎、などあります。とくに注意を要する腰痛は悪性腫瘍、腹部感染症、脊椎感染症、などがある。「腰痛」の原因になるこれらの疾病に対しては原因である病気を治さないかぎり腰痛が消失することはありません。腰痛症状以外に症状がある人は、他の病気があるかどうか確かめてみることが必要になる。ただの「腰痛」と思っていると命取りにもなりかねません。腰痛の種類によっては、命に係わる恐い「腰痛」もあることをわかっておきましょう。

非特異的腰痛の要因


精神的要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、運動不足、年齢、腰い負担おかかる職業、など。精神的要因による腰痛は、要因が分からない「腰痛」などに関してしばしば使われますしかしレントゲンやMRIなどに原因が写らなかったからと言って精神的な要因だと言うのは違っています。レントゲンやMRIに全部の要因が写ることは無く、反対にMRIやレントゲンに写し出すことのできない原因の方がおおいことからも心因性腰痛だと判断されたからといって身体的な原因がないと安心することはできません。

腰痛の治療と整体


腰痛の治療は様々な方法が使われる。これは、腰痛の原因がさまざまあるというだけでなく、決定的な方法が無いということです。一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬物などを使用する治療法と、姿勢の改善、ストレッチや筋力トレーニング、などの運動療法。コルセットやテーピング。温熱療法や電気治療。マッサージや鍼治療。さまざまな治療法が腰痛治療で用いられますが、その中でもすごく効果的だといわれているのが整体などの骨格矯正なんです。整体は背骨や骨盤などの体のバランスを改善することにより「腰痛」を改善します。背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の主要な要因になります。整体は腰痛の原因になる脊椎や骨盤を修正します。

整体の腰痛の矯正


整体の腰痛治療は、普通ボキッと音を矯正するのをイメージすることがほとんどではないでしょうか?基本的には、急性腰痛(ぎっくり腰)などには、そのようなぼきぼきする矯正を「整体」ですることはありません。また、急性腰痛に対してボキボキするような矯正をする整体は注意したほうがいいかもしれません。急性腰痛にたいして「整体」では、ボキボキしないやり方で背骨や骨盤の矯正を行います。「整体」にもやさしい矯正があるのです。慢性腰痛に対しては「整体」の治療法にもよりますがボキボキする修正をすることもあります。整体は、ボキッってする方法やぼきぼきしない治療に関わらず背骨や骨盤を修正する為とても効果が高いので、「腰痛」で困っているなら一度整体の修正を受けてみることをおススメします。

カイロ整体カイロプラクティック整体凝り、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛x脚姿勢の矯正猫背の矯正側彎o脚x脚メンテナンス背骨の矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤慢性的な体調不良カイロカイロプラクティック

謨エ菴薙→閼頑浤蛛エ蠑ッ逞・・遏ッ豁」

側弯症と整体の治療法


側弯症(そくわんしょう)とは?


「側彎症」は、脊椎側弯症とか脊柱側弯症などといわれています。脊椎は正常な状態であったら前面あるいは後面から観察すると脊椎はまっすぐに伸びています。しかし、横に曲がったり脊椎が捻じれていることがあり、これを脊椎側弯症または側弯症を呼びます。側弯症は、痛みを伴うことはほとんどないため発症早期での発見は困難で、ある程度成長してから気づくことが多いようです。気が付いた時には、もうすでに大きく曲がってしまっている事もあり、成長が続いている時は、時々脊椎の湾曲を確認して側弯症になっていないかを確認することが必要のようです。

側弯症になる原因は?


今は、側弯症を原因ごとに分類するようになってきています。側弯症には下記のような種類があります。

特発性側彎症


特発性側彎症とは、原因不明の「側弯症」の総称です。この特発性側彎症「側弯症」の80-85%をしめている。成長するときに「側彎症」は発症し、おおくが思春期に出現することから小学4年生くらいから中学3年生くらいまでが注意が必要とされる。およそ1対7の割合で女子に多く、その中でも初潮前後の女に多く発現し、細身の女子中学生でも発症しやすく、日常生活は関係ない。体の発育や成長がしなくなるまで湾曲し続ける傾向があることから、発現年齢が若く、残りの成長する時間が多いほど湾曲が大きくなる可能性が高く、一般的に骨成長が成熟期になると側弯症が早くひどくなることは無くなります。

胸郭不全症候群


胸郭不全症候群(きょうかくふぜんしょうこうぐん)などのような遺伝的または成長段階に生じた背骨の異常によって発症します。

神経原性側弯症(しんけいげんせいそくわんしょう)


脳(のう)や脊髄などの異常によって発現する。

筋原生側弯症


筋肉の異常により理想的な姿勢を保持することのできないことによって発症する。

外傷性側弯症


ケガをしたことで発症します。交通事故など体に力が加えられたことが要因で脊椎が湾曲してしまうことがあります。骨折や捻挫、それらの後遺症などによって脊椎が曲がり「側弯症」になっていきます。

姿勢が原因になる側弯症


毎日の姿勢で姿勢が悪いと側弯症になることがあります。この側弯症は背骨の脊椎の変形を伴うことは少ないみたいです。長い時間の悪い姿勢では、肋骨や背骨が変形させていく事もありますが、特発性側弯症のような変形の仕方はしないみたいです。姿勢が要因で起こる「側弯症」は、整体の矯正や生活の中の姿勢をいい姿勢でいることで治すことが可能です。

側弯症の影響


脊椎が湾曲する「側彎症」は、体にさまざまな影響を及ぼす。見た目上の問題、運動機能への影響、腰痛や肩凝りなどの不快な症状や痛みなど。

見た目の問題


脊椎が横方向に彎曲するだけではなく、背骨自体がねじれながら彎曲するため、じょじょに肋骨も変形し、凸側の肋骨が背面に張りだすと、女性の場合は乳房が左右が不均等になったり背中が突出するなど容姿に影響が出たりする。これらの脊椎や姿勢の変化により羞恥心や劣等感など精神的に悪影響を与えることもある。重度の側弯症の場合、子孫にも受け継がれるかもしれないと疑い婚姻の障害になることもあります。

肉体への側弯症の影響


肺の圧迫と変形による呼吸器障害・循環器障害など内臓面にも悪影響を及ぼします。症状が進むと凸側の肋骨の前後幅がつぶれたようになり肺、心臓などの内臓を圧迫しさまざまな影響が出る。側弯が70度を超えたときは肺活量が極端に減り90度を超えると心臓や肺の機能にも大きく影響し平均余命が短くなるといわれている。

凝りや痛み


腰椎は、肋骨がなく主に靱帯と筋肉によって支えられるため、胸椎よりもかかる負荷が大きい。また、椎間板への影響もあって、側湾が45度を超えると椎間板への負担が不均等となり、椎間板(ついかんばん)の痛み、腰の痛みの原因になります。骨格の歪みは、関節や骨格を支える筋肉、靱帯に負荷をかける為に、凝りや痛みの要因になる。急性の症状や慢性の痛みなど色々な凝りや痛みの要因になるのですが、側弯症のなり初めや軽い側弯症では凝りや痛みが出ることは数少なく、多くの場合凝りや痛みが出現するのは曲がりが大きくなったひどい側弯症になってからなんです。

側弯症の検査


日本では、幼児や学校の検診で脊柱検査がおこなわれており、1980年(昭和55年)頃よりモアレ検査による検査が普及し、早期診断ができるようになった。学校保健安全法の改正により、2016年度から運動器検診が学校の検診の必須項目になりました。予防の方法は確立されていなくて早期発見によって保存療法を行うことに利点がある。保存的治療には、整体やカイロプラクティックなどの手技療法もあります。しかし、整体やカイロプラクティックなどの脊椎、骨盤の施術を専門とする治療法でも側弯症にとても有効な予防や治療の方法は確立されていない。

側弯症の治療法


医療で行われる側弯症の治療は、コルセットなどによる治療法と手術による治療方法にわけられます。

装具などによる側弯症の治療


25度以上と診断されると、専用のコルセットなどの装具などによる固定法が行われることが多い。コルセットのような装具で曲がりが消えることはありませんが、コルセットは確実に進行を遅くする為、手術するにしてもその時期を遅らせる効果がある。しかしながら、コルセットを付けての生活は苦痛を伴う為、コルセットなどの装具の着用を途中でやめてしまう人達も少なくなく、現実には、その効果を感じる人は少ない。また長期間装着することが重要であるが側弯症の進行が止まる時期、つまり成長期が終わるまで着用する必要があり、「側弯症」の装具での治療法はとても忍耐が必要なものになります。

手術


50度以上と判断されるとロッドやスクリューを挿入して脊椎を治療するする外科手術を行う。このような場合も完治することはない。手術による側弯症の治療の後は、脊椎の動ける範囲は減ります。また、側弯症の曲がりに伴い、肋骨の変形がありその肋骨の湾曲の度合いによっては、肋骨の切除が必要なこともあります。大きな手術になるため、体への影響を心配して手術をためらう人もいるようです。

整体による矯正


骨の矯正を主とする整体には「側弯症」の人が多く訪れます。整体は昔から「側弯症」の調整を研究してきた歴史がある。しかしながら、今でも全ての「側弯症」に効果的な治療法は見つかっていないようです。しかし、一部の「側弯症」に限っては効果的で改善が見られることがある。注意したほうがいいのは、「側弯症は簡単に治ります」とか「側弯症専門治療院」など、あたかも「側弯症」が簡単に治る病気のように宣伝す整体は、詐欺みたいな治療院かも!整体の治療法で改善する「側彎症」は、「側彎症」全体の一部のある条件が合った「側弯症」のみなんです。側弯症が良くなるなどと気軽に言う整体院に行くのは考えた方がいいかもしれません。そんなことも考えた上であれば整体の治療を試してみるのはいいと思います。

カイロ整体カイロプラクティック整体凝り、、頭痛片頭痛寝違え肩凝り背中肋間神経痛腰痛ぎっくり腰ヘルニア坐骨神経痛x脚姿勢の矯正猫背の矯正側彎o脚x脚メンテナンス背骨の矯正ストレートネック骨盤妊娠中の骨盤産後の骨盤慢性的な体調不良カイロカイロプラクティック

ぎっくり腰、整体

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正

整体


整体とは、日本語では普通手技(しゅぎ)を用いた民間療法(みんかんりょうほう)代替医療(だいたいいりょう)を示す言葉です。
また体を整える治療方法(ちりょうほうほう)全てについて用いられる言葉です。
日本語として大正時代に使用され始めた語句で、アメリカ(米国)で誕生した療法・整骨医術を整体(せいたい)と訳したのが始まりだと言われています。
今、俗に用いられる意味では、カイロプラクティック Chiropractic に似た脊椎矯矯正(主に脊椎)を主目的とした手技療法を指して用いられることが多い。
脊椎・骨盤・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節の歪みの調整、骨格筋の調整などを、手を使った手技療法と補助道具で行う施術およびその行為を指しているという意見もあるが統一された体系はない。
手技的療法により多種多様の病態を治癒させることを目指す治療方法はマニピュレーションと称されるが、この代表ともいえるものがカイロプラクティック(脊椎矯正療法)・「オステオパシー」である。自然治癒力を活性化することと手技が施術の中心であるという共通部分があるが、セラピー哲学や着手方法の方法は違います。
どちらも19世紀にアメリカ(米国)で生まれた療法(りょうほう)です。カイロプラクティック Chiropractic は椎骨関節の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を手技により矯正(アジャストメント)することにより、病態を治癒させようとするものです。「オステオパシー」は体の構造のアンバランスは血液・リンパ液などの循環に悪い影響を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液の循環んを妨害すると考え、背骨だけでなく全ての筋肉や骨格構造、内臓諸器官、頭蓋骨が治療の対象となります。
脳脊髄液の流れの回復やリンパ液の循環の回復も目的とされる。「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 とオステオパシーの論理・技術は整体(せいたい)や指圧(しあつ)などの日本の手技療法に大きな影響を与えました。

施術方法


整体(せいたい)には決められた方法はなく人により施術する事は異なる。大正の頃に日本に伝えられた「オステオパシー」や「カイロプラクティック」など西洋伝来の徒手療法を主とする整体(せいたい)、日本古来の格闘技の柔術骨法(こっぽう)などの流派に伝承される徒手矯正を用いた整体、中国医学の徒手矯正を利用した整体(せいたい)、各団体の独自の治療方法など加えた整体(せいたい)などあるともいわれる。
民間療法であり、医療の制度から見れば補完代替医療の一つであるが、保険適用外であるため、一般の医療と共に病院で補助療法として用いられることはない。法律からは医業類似行為の一つとされます。「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれる。明治に出現した民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 、オステオパシー、光療法、電気治療などの手段で病気改善の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」と言うが、整体もこの一つとされました 。
整体は理論・術が共通でない為、整体を冠する療法家が自説を展開している。
カイロプラクティックの様な科学的・物理的手法と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で臨床に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの理論のミッスクとなっている。
体の骨格を形作る関節(脊柱・骨盤(こつばん)・・四肢・顎関節等)の歪み・ズレの矯正と筋繊維のアンバランスの調整など中心に手を使った手技(矯正器具を使用する場合も)で行う施術です。

カイロプラクティック整体慢性疲労x脚矯正産後の骨盤o脚カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩凝り背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正